「CRM250R」のブログ記事

blog120507-7.jpg

タイヤとチェーン、スプロケット交換でCRM250Rが入庫。
「なんとなく調子が良くない」と感じていたオーナーさんですが
普通に走れるのでメンテナンスをさぼっていたらこういう状態になっていました。
湿式タイプのエアクリーナーエレメントは経年劣化でスポンジがボロボロになります、
崩れたカスを吸い込んでキャブレターのエアジェットを詰まらせてしまいます。
そのままエンジン内部に入ってしまったものもあるのでしょうが、
少量のようで、全て燃焼されてしまったようです。
もっと大きなカスが吸入されてしまっていたら・・・
定期的にチェックしていないと大事になりますよ。

blog111021-2.jpg

リアブレーキが抜けてしまったCRM250Rの修理です。
マスターシリンダーを分解するとこんなピストンが出て来ました。
ブレーキフルードがグリスのように凝固しています。
リザーバータンクからの水分浸入が原因でしょう。
フロントに比べブレーキタッチの変化がわかりにくいリア側は、
メンテナンスもおざなりにされがちです。
こんなふうになる前に定期的にフルード交換をお勧めします。




 

これまでのアーカイブ

最近のコメント

  • Moriai: コメントありがとうございます。水冷エンジ
    続きを読む
  • 渡辺康史: 結構重症だったんですね。(-_-;) い
    続きを読む
  • Moriai: コメントありがとうございます。貴重な車両
    続きを読む
  • 栗本宏志: はじめまして、栗本と申します、 逆輸入車
    続きを読む
  • Moriai: コメントありがとうございます。久しぶりに
    続きを読む
  • osada: 先日は、ありがとうございました。修理後ワ
    続きを読む
  • Moriai: コメントありがとうございます。手の入りに
    続きを読む
  • yasushi watanabe: 先日はありがとうございました。プラグの締
    続きを読む
  • Moriai: コメントありがとうございます。また何かご
    続きを読む
  • 野良猫: ありがとうございました。 約半年ぶりに乗
    続きを読む

▲ ページの先頭へ