2018年9月30日 日曜日

イイ所取り?

blog180930-3.jpg

先日、エンジンを換装してしばらくは調子良かったSRX250、
このところ調子をくずし始めてしまったので入庫して点検。
どうやら圧縮圧力が規定値に足りません、
分解したところバルブの当たりが悪いのと
シリンダー/ピストンの磨耗が原因と判りました。
しかしながら絶版車の厳しさでオーバーサイズピストンは
既に販売終了、他車ピストンを流用するのもサイズが限られてしまい、
新たにスリーブを作成するにしても予算オーバーに・・・。
なんとか最善を考えてオーナーとご相談。
幸い、降ろしたエンジンもまだありましたので
中古部品のイイ所取り?で行くことに。
とはいってもどちらのエンジンも似たか寄ったか、
微妙な差で判断させてもらいます。


blog180930-2.jpg

マフラー内部が腐食して終わってましたので
汎用品を加工して取り付け。















blog180930-1.jpg

ようやく完成。



















blog180930-5.jpg

こちらはキャブレター分解清掃で入庫の
初期型バンディット250。


















blog180930-6.jpg

なかなか年季の入ったものでした。


















blog180930-4.jpg

発売当時もなかなか見なかったグリーン、
イタリアンなイメージを狙ったのですかね?



















blog180930-8.jpg

こちらはフロントフォークの分解整備で入庫。

















blog180930-7.jpg

同時にクロモリアクスルシャフトと削りだしのクランプを取り付け、
これは旧い車両には効きます。















blog180930-9.jpg

ファイナルカタナです。




















blog180930-11.jpg

こちらはフロントフォークシール交換で入庫。



















blog180930-10.jpg

VTR、
インジェクション車です。
VTのエンジンも30年以上つくってるんですね。









トラックバック(0)

トラックバックのURL: http://blog.s-factory-shizuoka.com/mt/mt-tb.cgi/218

これまでのアーカイブ


▲ ページの先頭へ