2018年3月31日 土曜日

年式と走行距離。

blog180331-1.jpg

「年式は旧いけれど走行距離が少ない極上車!」
確かにそのとおりかも知れませんが、
そのまま問題なく走ることができるかどうかは別です。
製造されてから何年も経っているのに走行距離が少ないということは、
言い換えれば動いていない期間が長いということです。
エンジンの中も外気に触れることで錆や腐食の影響がでます。
長期不動のエンジンを起こす場合、大抵シリンダーの錆と
ピストンリングの痕があるので、そのままエンジンを始動させると
オイル上がりするようになります。
本当は一度分解してから動かしたいのですが、
なかなかやれないんですよね~ご予算的に。





blog180331-2.jpg

走行距離が1000Kmちょっとの極上400カタナ。
ちょっと調子が・・・
ということで圧縮圧力測定の結果、エンジン開けて確認することに。
やはり長期不動の定番、シリンダーには固着痕が・・・
燃焼室も湿ったカーボンが、オイル燃えてますな。






blog180331-3.jpg

バルブの磨耗はほとんど無かったので
走行距離に偽りなし。








blog180331-4.jpg

ロッカーアームのスリッパー面は油膜切れで
ちょっと荒れてますがカムは大丈夫でした。














blog180331-5.jpg

ピストンヘッドも真っ黒です、オイル上がり下がり両方ですな。
シリンダーをボーリングして使う、新しいピストンのピン高さを確認中。
トップが盛り上がりすぎなので削りましょう。











blog180331-6.jpg

バルブはシートカットとすり合わせで再使用。
16本あるので一仕事。














blog180331-7.jpg

ピストントップは、ほぼフラットにして
圧縮比を同等に設定。















blog180331-8.jpg

ウォーターポンプとホースの交換で
水周りもリフレッシュ。












blog180331-9.jpg

さて調子はいかがでしょう。

















blog180331-10.jpg


こちらはキャブレターの分解清掃で入庫。
年季が入った色になってます(笑)










blog180331-11.jpg

同調調整中。


















blog180331-12.jpg

うち、カタナ専門店じゃありませんけど(笑)




トラックバック(0)

トラックバックのURL: http://blog.s-factory-shizuoka.com/mt/mt-tb.cgi/212

これまでのアーカイブ


▲ ページの先頭へ