2018年1月31日 水曜日

ダイヤフラム。

blog180130-11.jpg

「エンジンがうまく吹け上がらない。」
中古購入後、全体整備をご依頼のオーナーさんのお悩みです。
アイドリングはしっかりするのですが、スロットルピストンが
要求についてこない感じでした。
早速分解で、原因判明。
ダイヤフラムが切れてます。
これじゃ負圧がかからずピストンが開かないはずです。
おまけにピストン側面も汚れてしまいスムーズに動かない状態でした。

blog180130-12.jpg

キャブ本体もそこそこ汚れてます。








blog180130-13.jpg

引き廻し時に違和感があったので確認すると
フロントのホイルベアリングがご臨終でした。








blog180130-14.jpg

このマフラーがこの車種のアイデンティティーだと思うのは自分だけ?










blog180130-10.jpg

VRX Roadstarでございます。









blog180130-4.jpg

マフラー交換で入庫のブラックバード。










blog180130-5.jpg

取り回しが軽くなったのは気のせいじゃないはずです。










blog180130-3.jpg

こちらはエンジン内部から異音がするとのことで入庫。












blog180130-2.jpg

ステーターコイルの取り付けボルトが緩んでました。
カバー交換の際にネジロック剤をつけずに取り付けたようです。















blog180130-1.jpg

懐かしいグラフィックのDR-Z400SMです。










blog180130-6.jpg

こちらは車検の為マフラー交換中。










blog180130-7.jpg

749Rです。











blog180130-9.jpg

こちらはガード類取り付けで入庫。









blog180130-8.jpg

アフリカツインってやっぱり
XRVのイメージ、CRFっていわれても・・・










トラックバック(0)

トラックバックのURL: http://blog.s-factory-shizuoka.com/mt/mt-tb.cgi/210

これまでのアーカイブ


▲ ページの先頭へ