2017年11月28日 火曜日

硬化収縮?

blog171128-9.jpg

「エンジンはかかるけど全然吹け上がらない。」
あきらかにガスが濃すぎる感じなので、キャブレターの分解清掃で入庫のSRX250F。
バラしていくと判りやすい原因がありました。
スターターバルブの先端ゴムが外れてしまってます、
これでは常時チョークをひいたままと同じです。
本来、圧入されていて外したくても外れないのに
時のなせる業なのでしょうかゴムが硬化して縮んでます。
プランジャータイプのスターターバルブだと経年劣化で
ゴムが硬化してガソリンがリークしてしまうことは多々ありますが
今回のように外れてたのは初めてでした。

blog171128-10.jpg

分解清掃します。














blog171128-11.jpg

まだ部品があって事無きを得ました(笑)

















blog171128-5.jpg

個人売買で購入時は動いたけれど、しばらく置いてたらエンジンがかからなくなったCB400SF。
プラグは自分で換えたらしいので燃料系を点検。






















blog171128-6.jpg

キャブレターはとくに問題無さそうです。




















blog171128-4.jpg

結局イモビライザーキーの不良で火が飛んでいませんでした、
エラーコードも出ないし判りずらいわ~。


















blog171128-1.jpg

こちらは違う車両、
グラブバーをつける為のステーを溶接。














blog171128-2.jpg

フォークインナーチューブがコーティングから戻って来ました。
パウダーコート済みのアウターで組上げます。

















blog171128-3.jpg

BIG1です、
長いこと入庫してたのですが写真を撮るの忘れてました。
いろいろ作業したのですが、ず~っとあると何時でも撮れると思って撮り忘れるんですよね~(笑)












blog171128-8.jpg

タイヤ交換で入庫のXL1200R。
経年劣化でカチカチになっていて怖くて乗れません。











blog171128-7.jpg

これで安心してお乗りください。
















トラックバック(0)

トラックバックのURL: http://blog.s-factory-shizuoka.com/mt/mt-tb.cgi/208

これまでのアーカイブ


▲ ページの先頭へ