2017年6月29日 木曜日

エンジンチューニング。

blog170629-1.jpg

「やってみたい。」
全てはその気持ちから始まります。
正直、速さとパワーだけ求めるなら
最新型のモデルに替えるのが一番です。
しかし、そこは趣味の乗り物ゆえ、
愉しみがなければなりません。
「これを付けたら・・・あれも付けたら・・・」
脳内でなら、どれだけやっても大丈夫(笑)
ただし実際に行うとなるとリスクも発生しますので
よ~く考えてからやりましょう。



blog170629-2.jpg

とはいっても、
レースで勝つためにやる訳ではないので
最低限のリスクで済むんです、様々なパーツが売ってますし
装着データまであったり・・・いい時代ですね。
まあ、人気車種に限りますけど・・・。







blog170629-3.jpg

パワーフィルターからの吸気音がその気にさせます。










blog170629-5.jpg

こちらは充電不良で入庫のシグナス。







blog170629-4.jpg

汚れてますが発電に異常なし、
定番のレギュレータを交換します。











blog170629-6.jpg

良く見ると、150ccなので軽二輪ナンバーです。
ボアアップ車両を輸入していたお店があったみたいですね。







blog170629-8.jpg

こちらのリトルカブは
走行距離も増え、白煙も吹くようになったので
エンジンと車体周りの整備のご依頼です。
ボアアップシリンダーは傷だらけでオイル上がりを起こしてました、
もともと50ccに戻すおつもりのオーナーさんには
手持ちで純正シリンダー等が中古であったので
そちらをお勧めさせていただきました。













blog170629-7.jpg

白煙の原因、オイル上がりの影響でカーボンだらけの燃焼室。









blog170629-9.jpg

カックン状態のステムベアリングも交換します。















blog170629-10.jpg

これでまだまだ行けますね。










トラックバック(0)

トラックバックのURL: http://blog.s-factory-shizuoka.com/mt/mt-tb.cgi/203

これまでのアーカイブ


▲ ページの先頭へ