2017年2月28日 火曜日

ドレンボルトのシールテープ。

blog170228-1.jpg

フォークシール交換とオイル交換で入庫のハーレー ダイナです。

ハーレーに限ったわけではありませんが
エンジンやミッションのドレンボルトにシールテープを巻いて締める場合があります。
自分自身もやりますが、次回のオイル交換時にシールテープの残りカスを確認してるのでしょうか?
最小限に巻いてあっても、意外に残ってるものです。
水道管よろしくたっぷり巻いてる場合なんかは結構出てきますよ、
今回もかなり残ってました。
オイルポンプにはフィルターがついてますから直に吸い込むことは
ないでしょうけど、精神衛生上よくないです(笑)
自分は気になります!






blog170228-3.jpg

フォークオイルシール交換中。

他店にて換えてるそうですが、すぐに漏れて来るらしく、
今回は社外品のシールを使ってみました。
これで良くなるといいのですが・・・。






blog170228-2.jpg

ハーレーのツインカムって
出た当時はオーバーヘッドか!と思いビックリしました、

2本あるからツインカムなんですよね(笑)






blog170228-4.jpg


こちらはキャブレターの分解清掃とフォークとブレーキのO/Hで入庫です。







blog170228-5.jpg

キャブレターの状態は良好でしたので
ガスケット類のみ交換で済みました。






blog170228-6.jpg

ホーネット600です。

Fフォークが少々イジってあります、
さりげない純正流用って好きです(笑)







blog170228-7.jpg

タイヤ交換で入庫のR100RS。






blog170228-8.jpg

最近、仲間内にBMWのフラットツインが増えてきてます。

誰の影響?(笑









blog170228-9.jpg

後付のリモートチョークケーブル取り付け中のジレラ ランナーです。








blog170228-10.jpg

キャブレターも分解清掃。

購入時に清掃済みとのお話だったようですが・・・
どう見てもしばらく動かしてなかった状態ですね、
まあ、よくある事ですが・・・。










blog170228-11.jpg

180ccの2ストですから良く走りそうです。



トラックバック(0)

トラックバックのURL: http://blog.s-factory-shizuoka.com/mt/mt-tb.cgi/199

これまでのアーカイブ


▲ ページの先頭へ