2017年1月31日 火曜日

オーバーフロー?

blog170130-1.jpg


「停めておくとガソリンが地面に漏れてる」
典型的なキャブレターからのオーバーフローかなと思いますが
フューエルコックをオフにしても、ずっとポタポタと漏れてきます。
フロートのドレンチューブから出てくるので、オーバーフローパイプから
漏れてきてるのは確かです。
フロートバルブ不良で油面が高くなってあふれてきてるなら
コックをオフにすれば一時的にでも漏れなくなるんですが・・・
こういうときは大抵オーバーフローパイプに問題があります
旧い車両なんかは幾度となく放置、分解清掃、放置と
繰り返されているケースが多いので傷みもします。
今回はパイプに補修痕がありましたが、きちんと直ってなかった為、再修理になりました。

画像の意味が解ってもらえるでしょうか?
フロートのドレンパイプから空気を送ってます、
正常ならばパイプの上の穴からしか空気は出ませんので
気泡が発生することはないんです。





blog170130-2.jpg

ついでに分解清掃作業もやってしまいます。







blog170130-3.jpg

旧車の定番、ウオタニSPⅡも取り付けます。







blog170130-4.jpg

正真正銘のZ400FXです。
ゼファーの足回りがついてると外装キット組み込み車に間違われそうです。








blog170130-5.jpg

赤いZRX1200Rはイメチェンです。












blog170130-6.jpg

黄色に変身!

ペイントするのもイイですが、外装一式用意してしまうのもアリですね。











blog170130-7.jpg

こちらはZRX1200S、
点検とオイル交換で入庫です。


オイルの銘柄については当店に任せていただくことが多いのですが
最近はYACCOのオイルを推奨しています。
オーナーさんの使用状況とオイルの性質とお値段(ここ重要!)
全てを考察すると実にコストパフォーマンスに優れたオイルなんです、
高性能(高価格)なオイルはたくさんありますし、その全てをテストしたわけではありませんが
お値段以上!(どっかで聞いたな)の性能は間違いないです。






blog170130-8.jpg

高価なパーツもたくさん付いてますね。










blog170130-9.jpg

リアタイヤとスプロケット、チェーン交換で入庫の
Dトラッカー125。
タイヤのサイズが専用なので銘柄が選べなくて残念です。







blog170130-10.jpg

以前、別の車種でメンテナンスさせていただきましたが、
引越しされて、乗り換えたあとも遠方からお越しいただきありがとうございます。





トラックバック(0)

トラックバックのURL: http://blog.s-factory-shizuoka.com/mt/mt-tb.cgi/198

これまでのアーカイブ


▲ ページの先頭へ