2016年11月30日 水曜日

オーバーホール

blog161130-1.jpg


エンジンのオーバーホールのご依頼です。

現状で不具合はありませんが、永く乗りたいので
一度しっかりやりたいとのご意向、当然クランク周りまで分解点検します。
よく、腰上オーバーホールと言いますが
自分はあまり好きな言い方ではありません。
機械物は動く部分全てが消耗していくわけで、
一部分だけ分解整備するならば修理という言い方をします。
程度にもよりますが、一部だけ新品部品になることで
手をつけていない部分とのバランスが崩れて調子を落とす場合もあります。
しかし、ご予算の関係で踏み切れないのもよく分かります、
なので事前によく打ち合わせをさせていただくようにしています。







blog161130-2.jpg


今回は外観もきれいにしたいので

ガラスビーズを打ってから、シリンダー、カバー類をペイントしました。

シリンダーもオーバーサイズにボーリング、バルブ周りも一新し、

組上げ待ちです。






blog161130-3.jpg


カバーもできて来ました。








blog161130-4.jpg


バルタイとって組上げます。







blog161130-5.jpg


オーバーホールに出していたリアサスが戻ってきました。







blog161130-6.jpg


一気に組上げていきます。








blog161130-7.jpg

完成。

まずは慣らしからです。




blog161130-9.jpg

こちらはクランクベアリングの異音が出てきたので分解修理、

クランクASSYの部品がないので

コンロッド組み換えで対処。






blog161130-8.jpg

稀少なストマジ110です。









blog161130-10.jpg

トライアンフ スプリントが入庫、

こちらは点検とキャブレターの分解清掃。

そこそこ汚れてますね。






blog161130-11.jpg


エアクリーナーボックスから、こんなんでてきました。

工業用スポンジですね(笑)

エレメントの替わりに使ったのでしょうがさすがにこれは・・・・。








blog161130-12.jpg


冷却水を抜くと残念な色が・・・・

このあと不具合が出なければいいのですが。





blog161130-13.jpg




やっぱりイギリス車はブリティッシュグリーンが似合います。






トラックバック(0)

トラックバックのURL: http://blog.s-factory-shizuoka.com/mt/mt-tb.cgi/196

これまでのアーカイブ


▲ ページの先頭へ