2015年7月 3日 金曜日

何か変なの?

blog150703-11.jpg

さてこの画像、なにかおかしいと思いますか?

この状態で店に置いておいても意外に皆さん解らないみたいで、
すぐに気づいたのは一人だけでした。

そう、コンロッドが自立するはずがないんです。
レシプロエンジンの要、クランクとコンロッドはフリーに動きませんと
往復運動が回転運動に変換されません。
と、いうわけでコンロッドベアリングがダメになってしまったエンジンですが
そもそも最初から素性が怪しかったりします。


blog150703-13.jpg

もともと不動車だった車両を購入してきたオーナーさんからは
電気系統がダメらしいとのお話で入庫したのですが、
話を聞いていくと、前オーナーが走行中にスローダウンして停まったらしく、
その後、他のお店が診てくれなかったそうで修理をあきらめた車両のようでした。

というわけで基本的なところから探っていきます。
インジェクション車ですから定番の燃料ポンプまわり等から順番に・・・
でも、火は飛ぶし燃料も噴きます。
さていよいよエンジン本体に・・・
圧縮圧力はちょっと低いかな程度、バルブタイミングは・・・・
全然違うんですけど~?
テンショナーが壊れたわけでもなさそうだし、カムスプロケの歯もしっかりしてるし
あとはクランクスプロケ?
一体式じゃなく、キー溝で位置決め圧入タイプみたいなのでズレる可能性有り。
で、外してみたらズレてました・・・ズレてましたけど、
これどうみても最初から違う位置で圧入されてます。(画像左の溝が正規の位置)
まあ、少しズレてても動きますけど調子悪かったでしょうね~。
その状態で回し続けてたとしたら、そりゃ負担もかかります、
クランクに、コンロッドに。
で、オイルパンを見るとキラキラと光る金属片が・・・・



blog150703-12.jpg

この銅色の金属片が見受けられたら、大抵コンロッドベアリングが逝ってます。
でもってクランクケース分割となりましてクランク交換となりました。


blog150703-9.jpg


途中はすっ飛ばしてエンジン載ってますが、
今回一番びっくりしたのは部品供給の早さ。
クランクなんて本国発注で時間かかりそうと思ってたら在庫あり!
他の部品ともども数日で届きました。
マラグーティ恐るべし。


blog150703-10.jpg

車両は安く買えたとしても修理代は結構かかりましたね。
それでも相場より安くついたみたいですが・・・





blog150703-6.jpg



こちらはクーラント漏れで入庫のFZ-1S、
サーモスタットのパッキンがダメでした。


blog150703-5.jpg


ちょっと違う角度から・・・
相変わらず光ってますな。










blog150703-8.jpg


こちらは車検整備中のトライアンフ。




blog150703-7.jpg


黒いのが多いですね。



blog150703-1.jpg


突然セルモーターが回らなくなったDioはこんなんなってました。


blog150703-2.jpg

通勤に活躍中。



トラックバック(0)

トラックバックのURL: http://blog.s-factory-shizuoka.com/mt/mt-tb.cgi/179

これまでのアーカイブ


▲ ページの先頭へ