2013年10月 1日 火曜日

FIとキャブと

blog131001-4.jpg

最近は原付スクーターもフューエルインジェクションです。
エンジンがかからないときの診かたもキャブの場合と少しかわります。
(基本は同じですが・・・)
メインスイッチが入ってもポンプの作動音がしないので
まずは各部品に電気がきてるかどうかを確認、
ポンプ本体に問題あり、
フューエルポンプはユニット化されているので全交換。
購入から日が浅いので
クレーム修理で対応できました。

blog131001-5.jpg

カブ110です。
ようやく見慣れてきたかな?

 

blog131001-10.jpg

こちらは点検のキャブのカブ。

 

blog131001-9.jpg

やっぱりこの形だな~。

 

 

blog131001-7.jpg

フューエルインジェクション車につきものの
ダイアグノーシス、
ヤマハの原付はこんなツールで診断します。

 

blog131001-6.jpg

スロットルボディの汚れは清掃。

 

 

blog131001-8.jpg

不調の原因はIGコイルだったJOG ZR。

 

 

blog131001-1.jpg

フューエルコックをリザーブにしたら
いきなりエンジンが止まった原因は水。

 

blog131001-2.jpg

タンクからこんなに・・・
茶色のが水です、錆でこんな色になってます。

 

blog131001-3.jpg

まだまだ現役のセロー225W、
他にも気になる箇所が・・・。

 

トラックバック(0)

トラックバックのURL: http://blog.s-factory-shizuoka.com/mt/mt-tb.cgi/158

これまでのアーカイブ


▲ ページの先頭へ