2013年1月23日 水曜日

マイナー車?

blog130123-5.jpg

「マフラーつけて。」
昔乗っていたのと同じ車種を手に入れてご機嫌のオーナーさんが
中古のヨシムラサイクロンを持参して来ました。
GSX400FWはGSX400Rの元となった車両なので、
400Rのパーツが流用できるから、と。

ま、そんなに簡単にはいかないのが常で、
今回もすんなりつきません。
仮合わせの段階で、エキパイ、テールパイプの曲がりは車台に干渉しなさそうですが
エキパイがヘッドの取り付け部分より径が太く、はまりません。
どうやらGSX400Rでも、2型以降のマフラーのようです。
当時はTT-F3やSS400など全盛期でしたからどんどん改良されていったので
1型よりも排気ポートも広がったのでしょう。
と、いうわけでエキパイの取り付け部を加工してつけてしまいましょう。

blog130123-7.jpg

これまで付いていたエキパイのフランジ部分を切除して
溶接加工します。
エキパイが着脱式でよかった(笑)

一気に作業したので写真撮るのも忘れてました、、、。

 

blog130123-6.jpg

車体にメーカー名も入ってないからでしょうか
「これ何てバイクですか?」と、来る人みんなに聞かれました、
やっぱりマイナー車なのね・・・。

何故か?カワサキのバイクと思った人が多かったです。


 

blog130123-4.jpg

こちらは定番のドライブシャフトのオイルシールからのオイル漏れ修理。

 

blog130123-3.jpg

ランツァも希少車になりつつあります、
大事にしてあげてください。

 

blog130123-1.jpg

こちらはウインカーの点滅不良でハーネスを修理中。

 

blog130123-2.jpg

DT50もめっきり見なくなりました。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックのURL: http://blog.s-factory-shizuoka.com/mt/mt-tb.cgi/138

これまでのアーカイブ


▲ ページの先頭へ