2011年11月10日 木曜日

いわゆる3拍子

blog111110-3.jpg

イントルーダークラシック400です。
マフラー交換の依頼で入庫ですが、
「ハーレーみたいな3拍子にしてください」と言われました。
実際にはエンジンの形式の違いで3拍子にはなりませんが
キャブレター車ですとセッティングをずらすことでなんちゃって3拍子にはなります。
ただし、わざと失火を起させている状態をつくることになるのでエンジンには良くないです。
オーナーさんとよくお話をさせていただき、デメリットを理解したうえで
それでもやってみたいと言う場合のみ行います。


 

blog111110-2.jpg

 

実際のところ、3拍子にこだわるのって日本くらいのもので、本国ではまったく気にしてません。
最近のインジェクションのハーレーは普通のアイドリングですし・・・。
コントローラーで点火時期を遅らせたりして3拍子にするキットもありますが、
アイドリングも下げますので油圧の問題も出てくるみたいです。
やっぱり昔のキャブ車ってことになるんでしょう(笑)
ハーレーには性能より雰囲気を求める方が多いんでしょうね、
独特のエンジンのフィーリングは唯一のものですから。

 

blog111110-1.jpg


今回取り付けたのはケンテックさんのオリジナルマフラーです。
お値段は少し張りますが、作りもしっかりしていますのでお勧めです。
実はこちらの車両のオーナーさんはかわいらしい女性の方です。
小柄な方が大きいバイクで走ってるとカッコイイですね。

トラックバック(0)

トラックバックのURL: http://blog.s-factory-shizuoka.com/mt/mt-tb.cgi/60

これまでのアーカイブ


▲ ページの先頭へ