2011年10月 6日 木曜日

FIとキャブ

blog111006-1.jpg

しばらく乗ってなかったのでエンジンがかからなくなったスクーピー。
バッテリーが弱かったのでまずは充電します。
キック数回でインジェクターが作動する起電圧は発生するのですが
しばらく動いていないエンジンだとさすがにかかりにくいようです。
充電したバッテリーをつなぐとすぐに始動しました。
インジェクターのつまり等も無さそうで調子よくアイドリングします。
やはりFI車両なので電圧の安定は必須です。


blog111006-2.jpg

 点検とオイル交換ですっかり調子よくなりました。

 

blog111006-3.jpg

こちらは長期間放置のビーノです。
不動車修理のお約束のキャブレター分解清掃とガソリン交換します。
ヤマハ車といえばミクニのキャブが定番ですがこちらはケイヒン製です。
4stモトクロッサーもケイヒンFCRでしたね。

blog111006-4.jpg

エアクリーナーエレメントとプラグとオイルも交換、
もちろんバッテリーも新品にします。

blog111006-5.jpg

 始動性良好、エンジン本体も問題無さそうです。
タイヤの山はありますがゴム質は劣化が進んでいます、
予算ができたら換えましょうね。

トラックバック(0)

トラックバックのURL: http://blog.s-factory-shizuoka.com/mt/mt-tb.cgi/47

これまでのアーカイブ


▲ ページの先頭へ