2011年10月15日 土曜日

ソフトスプリング

blog111015-1.jpg

前後のサスペンションのスプリング交換で入庫のCRF150Rです。
フロントフォークのオイルレベルは変更しないので、現場方式でちゃっちゃとやります。
ハンドルを外してトップキャップを緩めて、ホイルごとストロークさせると画像のとおりになります。
インナーロッドが落ちないように気をつけてスプリングを換えます。
このとき、スプリングにオイルが付着しているのでパーツクリーナーでフォーク内に落とします。
溶剤は後で揮発するのでオイルの量は変わらないことになります。
トップキャップ組み付け時はアジャスターに注意しましょう、
調整できなくなったりしますので。

 

blog111015-2.jpg

リアクッションはこの隙間から取り外します。

blog111015-3.jpg

ショックユニットを外したときは必ずオイルシール部のカバーを外して清掃します。
マディ走行のあとはもちろんですが、普通の走行でも意外と土が入り込んでます。

blog111015-4.jpg

あとはサグを測ってOKです、かなりソフトになったと思います。
チームオリジナルのグラフィックがカッコイイですね!
シートカバーも代えたくなってしまいます。

トラックバック(0)

トラックバックのURL: http://blog.s-factory-shizuoka.com/mt/mt-tb.cgi/51

これまでのアーカイブ


▲ ページの先頭へ