2011年8月18日 木曜日

ariete(アリート)

blog110818-3.jpg



社外品のフォークオイルシールです。
外車等、純正部品の入手が困難な場合に重宝します。
材質も通常使われているNBRではなくXNBRという
ランクの高いものを使用しており、耐久性も向上しています。
注意点としては組み付け時に専用グリスを使うことです。
場合によってはフリクションが増えてしまうこともあります。


blog110818-1.jpg

アプリリアRS250のフロントフォークです。
当然(笑)純正部品の入手は困難ですのでアリートを使います。

blog110818-2.jpg

初期型なのでマルゾッキの40パイ倒立フォークです。
左側だけスプリングが入ってます。
右側で減衰力を受け持ちます。
ヨーロッパ車では時々見かける方式で、
左右で別々の仕事をさせる合理的な考えです。
フロントフォークは左右で一対なのでこういうことができます。
そういえばKX250Fがこの方式でしたね。

 

 

blog110818-4.jpg

続いてホーネット250の点検です。
プラグとエアクリーナーを交換します。
軽2輪車は車検がないので定期的なメンテナンスをお勧めしています、
最近のバイクは何もしなくても動いてくれるのですが、
乗りっぱなしですと、壊れたときに高くつきますよ。

blog110818-5.jpg

この青い色、結構お気に入りです。

トラックバック(0)

トラックバックのURL: http://blog.s-factory-shizuoka.com/mt/mt-tb.cgi/30

これまでのアーカイブ


▲ ページの先頭へ