2011年7月30日 土曜日

レンチをバイスで挟む。

blog110731-8.jpg

普通はこんなやり方しませんが、
物によってはこの方がやり易かったりします。

blog110731-9.jpg

フロントフォークのトップキャップが固くて緩まないときなどにこうしたりします。
通常、三つ又にクランプされた状態で緩めるのですが、
フォーク単体でお持込される場合などでトップキャップが固いときにはこの方法でやったります。
フォークの径によってはちゃんとしたクランプがあるのですが
合うサイズが見当たらなかったのでこの方法でやっちゃいました。
誰かに貸しちゃったかな?

blog110731-1.jpg

分解洗浄します。

blog110731-2.jpg

ピストンリングも減ってます。
部品が入手できるので交換です。

blog110731-3.jpg

オイルシールを打ち込みます。
このシールドライバーはお気に入りで、
メッキが剥がれてきたのですが再メッキしてもらって使ってます。

blog110731-4.jpg

センターボルトはしっかり締めます。

blog110731-5.jpg

フォークオイルはお気に入りのこちらです。
べつにプロジェクトサイエンスさんからは何も貰ってません(笑)
オイルでも何でも、使ってみていいと思えば使います、
気に入らなければ使いません。

blog110731-7.jpg

完成です。
希少なXR250R(ME08)の逆輸入車なので大事に乗りましょうね。

 

この記事のカテゴリー: | | |

トラックバック(0)

トラックバックのURL: http://blog.s-factory-shizuoka.com/mt/mt-tb.cgi/21

これまでのアーカイブ


▲ ページの先頭へ