2011年7月14日 木曜日

リアショックの泡~。

blog110714-2.jpg

泡です。
リアショックには窒素ガスが封入されています。
オイルとガスが分離式でも使用しているうちに
だんだん染み出ていってしまうので分解するとこうなります。

 

blog110714-1.jpg

車両はCRF150R。
モトクロッサーのリアショックは比較的簡単に取り外すことができます。
でも、現場のメカニックは少しでも作業工程を減らしたいのでマニュアルどおりにやるとは限りません。
で、自分は上の画像のように外します。
他の人にとって楽かどうかは判りませんので参考程度に。

blog110714-3.jpg

作業は元に戻って、分解。
オイル交換だけのつもりでしたが、思っていたよりも程度が良くなかったので消耗部品を交換します。
幸いにしてCRFは部品が入手可能なので一安心。

blog110714-4.jpg

分解清掃組み付けに入ってます。
バンプラバーがきれいだと気持ちいい。

blog110714-5.jpg

オイルのエア抜きをしつこいくらいやったあと窒素ガス封入です。
実際は一晩経ってます。

blog110714-6.jpg

スプリングを元のセット長に合わせて車体に取り付けます。

blog110714-7.jpg

続いてブレーキのメンテナンス。
キャリパーを外してピストンの動きをチェック、ちょっと渋いので分解清掃。

blog110714-8.jpg

ピストンをきれいにします。
次回は交換したほうがいいかな?

blog110714-9.jpg

キャリパー側ももちろん清掃。

blog110714-10.jpg

 

週末のレース楽しんでください。
あと、レースサグはとってくださいね~。


 

 

トラックバック(0)

トラックバックのURL: http://blog.s-factory-shizuoka.com/mt/mt-tb.cgi/12

これまでのアーカイブ


▲ ページの先頭へ