2012年12月 9日 日曜日

スイッチ?

blog121209-5.jpg

「スイッチだめになったみたいです。」
半年ほど前にセルスタータースイッチの接点不良で修理した車両が入庫。
前回と同じでスタータースイッチを押しても反応しません、
けれどもそんなにすぐにスイッチがダメになるとも思えません、
案の定、導通チェックではスイッチの接点はOKでした、
となれば他の原因を探りましょう。

スターターリレーへ入力される電圧が低いことが判明、
配線図をたどりながら調べると・・・いました原因が。

カプラーの端子が腐食しています、
外した途端、取れてしまいました。
外部に剥き出しなのに防水カプラーではないので
雨や洗車後の水分が残ってしまうのでしょう、
スカチューンされてる方たちはお気をつけください。

 

 

blog121209-4.jpg

原因が判明し、まだまだ乗れると分かったので
一緒に前後タイヤも新調することに(笑)

 

blog121209-6.jpg

グラストラッカーも丈夫なエンジンですね~。

 

blog121209-7.jpg

こちらのセローはケーブルを交換します。

 

blog121209-8.jpg

左からチョークケーブル、クラッチケーブル、スロットルケーブル。

それぞれ錆によるアウター折損、錆と磨耗、曲がり癖と磨耗により作動不良。

 

blog121209-9.jpg

操作系のワイヤーが新しいと気持ちイイですね。

 

blog121209-1.jpg

吊られているのは車検整備でお預かりのXANTHUS。

blog121209-2.jpg

ステムベアリングを交換します。

 

blog121209-3.jpg

車検も無事完了です。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックのURL: http://blog.s-factory-shizuoka.com/mt/mt-tb.cgi/135

これまでのアーカイブ


▲ ページの先頭へ