2012年2月12日 日曜日

ツインキャブからシングルへ

blog120212-7.jpg

GB250クラブマンのカスタム車両が入庫。
ツインキャブからシングルキャブへの変更をご希望、
お持込の中古エンジンに乗せ替えるか、ヘッドのみ換装するか迷います。
まずは中古エンジンの程度を調べますが、手を入れた跡があり
素性が不安だったので確認するとバルブタイミングもずれて組んでありました。
そういうわけで、乗せ替えは却下、
シリンダーヘッド換装とすることにします。

blog120212-6.jpg

2基分の中古エンジンから程度の良い部品を選んでシリンダーヘッドを組みます。
バルブも組み換えなのでシートカットと擦り合せで当たりを合わせます。

blog120212-5.jpg

シリンダーヘッド取り外し。
エンジンが黒いのはCBX250RSのエンジンが載ってるからなのです。

 

blog120212-3.jpg

カムシャフトはギア駆動なのでカムスプロケットのマーキングで合わせます。

 

blog120212-4.jpg

このエンジンのウイークポイントであるカムシャフトベアリングを交換しておきます。

 

blog120212-2.jpg

キャブレターが変わるのでスロットルケーブルも変更です。

 

blog120212-1.jpg

強制開閉タイプのツインキャブから
負圧タイプのシングルキャブになったので
スロットル操作に対してのレスポンスが穏やかになり、
乗りやすくなったと思います。

この記事のカテゴリー: | | |

トラックバック(0)

トラックバックのURL: http://blog.s-factory-shizuoka.com/mt/mt-tb.cgi/83

これまでのアーカイブ


▲ ページの先頭へ