2011年8月 6日 土曜日

結構効くみたいです。

blog110806-1.jpg

X-TRIGのPHDS(プログレッシブ ハンドルバー ダンピング システム)です。
普通はトップクランプとセットで換えるのですが、予算削減の為、ノーマルに加工して取り付けてあります。
もともと手首のケガの後遺症対策でラバーマウントを予定していましたが、
大幅に加工が必要になりそうなのと、転倒時のハンドルのよじれも気になるので
試しに導入してみたところ大当たりでした。
走行後にはいつも手首の痺れがあったのが、これを付けたあとはまったく無くなったそうです。
転倒によるハンドルのよじれの少なさもテスト済み(笑)
いいものは結果がきちんと出ます。

blog110806-2.jpg

やっちゃいました。
修正するか新品にするか悩むところです。

blog110806-3.jpg

ラジエターガードは修正で直すことにして新品に交換です。

blog110806-4.jpg

一部引きちぎれた部分は溶接します。
チタンなのでTIG溶接です。

blog110806-5.jpg

無事にかたちになりました。

blog110806-7.jpg

次はフロントフォークのリセッティングです。

blog110806-6.jpg

オイルレベルを変更してみましょう。

blog110806-8.jpg

WR250Fもそろそろインジェクションになるのかねぇ?

トラックバック(0)

トラックバックのURL: http://blog.s-factory-shizuoka.com/mt/mt-tb.cgi/27

これまでのアーカイブ


▲ ページの先頭へ