2011年7月22日 金曜日

中古部品持込修理対応。その2

blog110722-1.jpg

部品まちでおあずけ状態だったSRV250S。
ようやく組み上げることができそうです。
テスト走行をして問題が無ければ引き渡しですが・・・。

blog110722-2.jpg

テスト走行してきました。
フロント回りに問題はありませんが、ブレーキの効きが甘すぎて怖いくらいです。
オーナーに確認をとると買った当初から効かなかったとのこと、
いくらなんでもおかしいのでチェックします。

blog110722-3.jpg

まずはマスターシリンダーのリザーブタンクホースが折れ曲がって付いていて、
ブレーキオイルがシリンダーまで行きません。

 

blog110722-4.jpg

パッドの当り面もよくありません、というか面取り?のし過ぎ?

 

blog110722-5.jpg

キャリパーピストンはギシギシいいながら、やっと動くくらいです。
分解清掃が必要です。

blog110722-7.jpg

こんなんなってました。
これじゃ動きません。

blog110722-8.jpg

きれいに清掃します。

blog110722-9.jpg

新しいピストンシールに交換するとスムーズに動くようになりました。

blog110722-10.jpg

ブレーキオイルのエア抜きをして完了。

blog110722-11.jpg

再びテスト走行してブレーキのチェックをします。
ばっちり効くようになりました。

blog110722-12.jpg

 

タンクやフレームのラインがヤマハらしい、きれいなバイクです。

この記事のカテゴリー: | | |

トラックバック(0)

トラックバックのURL: http://blog.s-factory-shizuoka.com/mt/mt-tb.cgi/15

これまでのアーカイブ


▲ ページの先頭へ